スタッフブログ

家族の絆が育まれる――ナチュラルで柔らかな無垢材のお家

こんにちは、スペースアップです。今日はみなさまに施工事例をご紹介します。

大阪府堺市のH様のご自宅は、1階にH様ご家族が、2階にH様のご両親と弟さんが暮らす多世帯住宅でした。

高齢になった両親の暮らしやすさも考慮し、1階と2階の生活空間を入れ替えたいと考えていたH様。築年数が40年ということや、上のお子様が小学校に入学するまでに落ち着きたいという点を考慮し、リフォームを決断したといいます。

雑誌を購入し、リフォーム会社を探し始めたH様ですが、最初は苦労したそうです。リフォームをうたっているのに、話を聞きに行くと、新築がメインということもありました。

そんな中で、リフォームを専門とするスペースアップを訪れ、こだわりながらもコストを抑える工夫を惜しまない提案に満足し、スペースアップに決めてくださいました。

H様は「子どもたちが思春期を迎えても、家族間のコミュニケーションを育める間取り」を希望されていました。

リフォーム前はキッチンとリビングの間に廊下があり、キッチンが孤立しがちでした。しかし、リフォーム後はキッチンをリビングと同じ空間に配置。そうすれば、料理しながらでも、テレビを観ているご主人や遊んでいるお子様と、気軽に話ができます。

リビングには、光がたっぷり入る大きな掃き出し窓を設けました。無垢材のリビングは、寝転びたくなるような居心地の良さです。

「ミートソースを一から手づくりしたり、細かく火加減を調整しないといけない揚げ物にも挑戦したり、食卓には手の込んだ料理が増えました」と奥様はうれしそうに語っていました。

また、ご主人も家に愛着が生まれたことで、「仕事が終わったら早く帰りたい」と仰るようになったそう。

H様は、ご主人が内装業、奥様がインテリアコーディネーターだったこともあり、家具の造作やタイル貼りはご自身でされたいとお考えでした。そこで、無垢材の端材をお渡ししたり、スムーズに作業できるようクロスを貼っておいたりしました。

H様からは「私たちが、色々自分たちでやりたいタイプだということをよく理解してくれ、準備してくれたのでリフォームを心から楽しめた」とうれしいお言葉をいただきました。

「リフォームしたいけれど、自分たちでできるところは自分たちでやりたい」
「すでに間取り図も描いているので、それをもとにプランを立ててほしい」

そんなこだわりをお持ちのお客様を、スペースアップは歓迎しています。理想の暮らしを叶えるお手伝いをいたしますので、ぜひ私たちにご相談ください。

一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました