こどもみらい住宅支援事業

賢く使って、お得にリフォーム!こどもみらい住宅支援事業

国土交通省「こどもみらい住宅支援事業」がはじまりました!
今すぐのご契約でも申請対象となりますので、リフォームをご検討中の方はぜひ一度ご相談ください。

こどもみらい住宅支援事業とは?

こどもみらい住宅⽀援事業は、「⼦育て⽀援」及び「2050年カーボンニュートラルの実現」の観点から、
⼦育て世帯や若者夫婦世帯による⾼い省エネ性能を有する新築住宅の取得や、
世帯を問わず住宅の省エネ改修等を行う場合に、補助金が交付される事業です。

※若者夫婦世帯とは、申請時に夫婦であり、いずれかが1981年4月2日以降に生まれた世帯。 
子育て世帯とは、申請時において、2003年4月2日以降に出生した子を有する世帯。

補助対象となる工事

以下の条件を全て満たした工事が対象となります。

  • 要件1
    2021年11月26日~2022年10月31日
    (予定)
    までに工事請負契約を
    締結
    し、
    工事が完了している
  • 要件2
    断熱改修工事、エコ住宅設備工事
    いずれかを含む
  • 要件3
    事務局で登録された対象製品を使用
  • 要件4
    申請する補助額が合計5万円以上になる

スケジュール

期間中であっても、
予算がなくなり次第終了となります

こどもみらい住宅支援事業のスケジュール

※1 既存住宅購入加算の場合、売買契約締結から3ヶ月以内にリフォーム工事の請負契約を締結する場合に限ります。

補助額の上限

リフォームの場合
最大30万円/戸条件次第では最大60万円/戸

世帯
既存住宅購入※2の有無
上限補助額
若者・
子育て世帯※1
あり
60万円/戸
なし
45万円/戸
一般世帯
(その他)
あり(安心R住宅※3に限る)
45万円/戸
なし
30万円/戸

※1 若者夫婦世帯とは、申請時に夫婦であり、いずれかが1981年4月2日以降に生まれた世帯。子育て世帯とは、申請時において、2003年4月2日以降に出生した子を有する世帯。
※2 以下のすべてを満たす既存住宅の購入に限ります。
・不動産売買契約の締結時に完成から1年以上経過している住宅であること(不動産登記で確認)
・売買契約額が100万円(税込)以上であること
・不動産売買契約の締結が、2021年11月26日以降であること
・リフォーム工事の工事請負契約の締結が、不動産売買契約の締結から3ヶ月以内であること
・自ら居住する住宅の購入であること
※3 「安心R住宅」制度(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)を利用した「安心R住宅」の標章および安心R住宅調査報告書が発行されている住宅のこと。
※4 安心R住宅以外の既存住宅購入を伴う場合も含む。

対象工事と補助額

下記の必須工事(①~③)と必須工事と同時に行った任意工事(④~⑧)が対象となります。

必須工事

対象工事
補助額
①開口部の断熱改修
ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換
2,000~32,000円/箇所
(※ガラス交換の場合は1枚あたり)
②外壁、屋根・天井
または床の断熱改修
外壁
102,000円/戸
(部分断熱 51,000円/戸)
屋根・天井
36,000円/戸
(部分断熱 18,000円/戸)
61,000円/戸
(部分断熱 30,000円/戸)
③エコ住宅設備の設置
太陽熱利用システム
24,000円/戸
高断熱浴槽
24,000円/戸
高効率給湯器
24,000円/戸
節水型トイレ
17,000~19,000円/台
節湯水栓
5,000円/台

任意工事(必須工事と併せて実施した場合のみ対象)

対象工事
補助額
④子育て対応改修
2,000~86,000円/戸
⑤耐震改修
150,000円/戸
⑥バリアフリー改修
5,000~150,000円/戸
⑦空気清浄機機能・
換気機能付きエアコンの設置
19,000~24,000円/台
⑧リフォーム瑕疵保険等の加入
7,000円/契約

お気軽にご相談ください

お問い合わせはこちらから

詳しい要件等につきましては、
国土交通省「こどもみらい住宅支援事業」ホームページをご確認ください。

こどもみらい住宅支援事業

トップへ戻る