リフォーム施工事例

三角屋根型パントリーで、使いやすくかわいい北欧風キッチン

白基調の空間に、木目を楽しめるカップボードと組み合わせた、北欧風のかわいいキッチン。一角に設けたパントリーは、三角屋根型の垂れ壁で、便利さだけでなく遊び心も感じる空間へ。

入り口が、カップボードより少し前に出たパントリー。入り口を斜めにすることで、キッチンへの動線を塞ぐことなく、より多くの収納スペースも確保しました。内側には、花柄のかわいいアクセントクロス、入り口は三角屋根型の垂れ壁で、奥様お気に入りのかわいい空間に。パントリーの外側にあるスイッチやコントロールパネルのスペースも、同じ三角屋根のニッチにするなど、”かわいい”がさりげなく散りばめられています。

対面型になり、リビングダイニングを見渡せるようになったキッチン。お料理中も、お子様の様子やご家族との会話を楽しめるようになりました。ダイニング側にカウンターは、お食事を楽しむことはもちろん、お料理中もお子様のお勉強を見ることもできます。手元が隠れるので、急な来客にも対応できることはもちろん、水が跳ねたりすることも防ぎます。

後ろには、横長の窓を挟むように設けたたっぷりの収納。カップボードは、広い作業スペースとしても使え、家事をよりスムーズに。カップボードと上吊り戸の間には、幅いっぱいの横長窓とオープンな造作棚。光がたっぷり入り明るく、造作棚のお気に入りの食器を並べて、目でも楽しめるおしゃれな空間になっています。
リビングダイニングと床材を変えることで、ゆるやかにゾーニング。モルタルブロック柄のフロアタイルは、水や油がついてもお手入れがしやすくなっています。

事例一覧に戻る

トップへ戻る