リフォームレポート

リフォームが完成したお住まいを見てみましょう!

ダイニング キッチン
クールなカフェ風の
オープンキッチンで、
家族の時間を愉しむ

ブラックを基調とし、造作棚の後ろにはサブウェイタイル調のアクセントクロスで、クールなカフェをイメージしたアイランドキッチン。ご家族やお友達と一緒にお料理を楽しめるダイニングキッチンになりました。

収納が足りず収納棚が作業スペースを圧迫し、独立型のメリットを活かしきれない状態でした。

「ハイバックカウンター」は、調味料や洗った食器、お料理の本などを浮かせて置け、お料理をより快適に。コンセントもつけて、調理家電も場所を気にせず使えます。
 後ろのカウンターは上に調理家電、下にごみ箱、右側にパントリーを設置して、便利な要素を詰め込んでいます。パントリーには、ムーミンのクロスで隠れたかわいい空間に。ストック・調理・食事のエリアを回遊できるから生活をスムーズ。

ダイニングに面したカウンター下スペースに落ち着いたウォールナットの収納を設置。カウンター下にコンセントを設置し、高さの違う収納を組み合わせて、電話などを置けるスペースを確保して、生活に即した電気配線と収納でより住みやすく。
 シンプルなデザインでお部屋に溶け込み、必要な時にだけ出せる室内干し用ワイヤーを設置。インテリアを邪魔せずに雨の日でもお洗濯を可能に。

リビング
みんなでゆったり、
思い出を紡ぐリビング

部屋がつながり広くなったリビングは広々ゆったり。ご近所に住むご両親が遊びに来られても、みんなで楽しい時間を過ごせる素敵な空間になりました。

キッチンの隣に設けた造作ディスクカウンターは、大容量の上吊り収納を設置し、灯りの強さを調整できる間接照明をあしらいました。在宅ワークから簡単な調べ物や書き物、お子様が大きくなったらリビングでお勉強にも使え、マルチに活躍します。
 ピクチャーレールを設置したリビングの壁は、時計やカレンダーなどの日々使うものから、イベントのディスプレイやみんなの写真、お子様の作品などお部屋をみんなのギャラリーのようにすることも。

居室
趣味の音楽を
思いっきり楽しむお部屋

マンションで好きな音楽を気兼ねなく楽しめるお部屋をご希望されたご主人様と奥様。防音はもちろん、「音を奏でる」ことをとことん楽しめるお部屋になりました。

キッチン奥に位置していたお部屋は、アクセスが悪く、納戸として使われていました。

楽器を演奏することを目的としているお部屋なので、「残響時間」が長い状態の「ライブ気味」になる建材にして、音の響きを楽しめるお部屋に。
 防音室にするためには、壁・天井・床、そしてドアにそれぞれに必要な施工があり、気密性を上げるために、ドアの隙間を埋める「気密パッキン」を設置したり、各方向への音の大きさをシミュレーションして、適切な施工を行っています。
コラム:ステイホームを快適にする防音リフォーム

洗面
デッドスペースをなくしすっきり
かわいいが隠れた洗面

天井まで余すことなくスペースを使える収納で、使う場所で全部かたづけられるから、家事も日常生活もスムーズですっきり。白を基調とした快適で清潔な洗面になりました。

備え付け収納では足りず、収納家具を持ち込んだ洗面。統一感も出しづらく、片付けにくいという問題を抱えていました。

身支度に使うドライヤーやお風呂で使うタオル、洗濯で使う洗剤などの備品…いざ生活を始めると収納したいものは多いもの。使うシーンに合った収納を設置して、すっきりスムーズに。オープンな収納と隠す収納を合わせて、使いやすさもアップ!
 白を基調とした空間にして、紺のアクセントクロスで空間に奥行を感じるように。このクロス、実はムーミンシリーズのアクセントクロス。日常に「かわいい」隠れています♪

トイレ
ネイビーとアクセントで落ち着く、
北欧風のかわいいトイレ

アクセントクロスやヘリンボーン柄のクッションフロアで、落ち着く北欧風のかわいいトイレになりました。収納やお手入れがラクなトイレに変えて、快適性もぐんっとアップ!
吊戸棚をつけて、トイレットペーパーなどのストックも便利になりました!

白を基調としたよくあるトイレで、収納がスペースがなかったためトイレの後ろなどに道具を置いていました。

玄関
ネイビーオークの扉で、
家族を迎える。
木のぬくもりを感じる玄関

しっとりとしたマットな風合いが味のフローリングと、便利な機能を兼ね備えた大容量の収納が、家族を迎える玄関。白と茶色のシンプルな空間にネイビーオークの扉がアクセントのおしゃれで、家族を感じる玄関になりました。

よくあるシューズボックスがあった玄関は、傘を置くところがなかったり、靴が入りきらないという問題を抱えていました。

意外とあると便利な玄関のコンセント。電動自転車の充電やフォトフレームや季節のディスプレイなど、あると利便性もインテリアの幅も広がります。
 部屋の様子がわかるガラスがついた扉は、キッチンにいても誰が返ってきたかを感じられ、家族を感じられます。

おふろ
小さなお子様がいても安心!
安全で快適なおふろでくつろぎ時間

滑りにくく、ヒヤッとしない床や、浴び心地はキープしながらも節水も叶えたシャワー。小さなお子様がいるからこそ、安全性と快適性にもこだわったお風呂に。

以前は、壁が一面で統一されたよくあるお風呂。収納は張り出た壁の上に、シャンプーなどを並べていました。