スタッフブログ

【リフォームアドバイザー紹介・中啓記】店長として大切にしている3つのこと

こんにちは、スペースアップです。今日は、スペースアップで働くリフォームアドバイザーを紹介します。

————————————————————
リフォームアドバイザー 中啓記(なかひろふみ)
スペースアップ奈良店店長 奈良/王寺エリア長
————————————————————

はじめまして、リフォームアドバイザーの中です。私は、小さい頃から「ものづくり」に関心があり、建築系の大学に進学しました。その後就活を始め、スペースアップの会社説明会で、社長の小西に出会います。

お客様に高い満足度を届けるため、営業・設計・施工を、ワンストップで提供できる体制を整えたことなど、小西の語るストーリーに引き込まれました。また、若手のうちからチャレンジできる環境にも魅力を感じ、スペースアップに入社を決めました。

入社してからは、リフォームアドバイザーとしてたくさんのお客様のリフォームを手掛けてきました。お客様の悩みをお聞きする際に、私が大切にしているのは、「ご要望の真意を汲み取る」ことです。

「こうしたい」というご要望の背後には、今の住空間への不満が隠されています。それを突き止めれば、解決策は1つではないかもしれません。真意を汲み取り、お客様の要望を超えた、プロとしての提案ができるよう努めています。

スペースアップでは、リフォームして終わりというわけではありません。一度リフォームしていただいたお客様とは、その後もずっとお付き合いが続きます。だからこそ、リフォーム後の住みやすさにはこだわって提案を行います。

私は入社して3年半で店長になりました。店長として大切にしていることは、「品質」「利益責任」「人の成長」の3つです。

「品質」について、まずは前倒しで工程表を送り、腕のいい職人さんを確保することから始まります。その後、現場に何度も顔を出し、協力業者や職人さん、お客様とコミュニケーションをとります。そうすることで、お客様のイメージ通りの仕上がりになります。

私が店長を務める奈良店では、OB様の紹介による受注が半数を占めています。これは、お客様に満足いただけている1つの指標だと感じています。今後も人に紹介したくなるような、感動を与えられるリフォームを手掛けていきます。

「利益責任」については、事業である以上、赤字ではサービスを提供し続けることができません。だからこそ、店舗を預かる身として、数字にはシビアにこだわっています。

「人の成長」について、口で伝えるだけではなく、一緒に現場に入って直に教えることを大切にしています。最近では、自分が育てた部下の成長が何よりの喜びです。先日、私の部下が店長になり、2人で喜び合いました。

今日は社員紹介ということで自分の話ばかりになりましたが、どなたかがスペースアップに興味を持つきっかけになれば幸いです。

建築士・プランナー・リフォームアドバイザーがすべてそろっているリフォーム会社は、多くはありません。専門職が多く在籍するスペースアップだからこそ、叶えられるリフォームがあります。お気軽にリフォームについてご相談ください。

一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました