リフォームレポート

リフォーム現場レポートリフォーム現場レポート

養生・解体

  • マンションの共有部分をしっかり養生。工事の材料や道具を運ぶ際のキズなどのしっかり防いでいきます。

  • コロナなので、しっかり消毒はもちろん作業中の注意を貼り、安全な環境整備を促します。

  • 養生を終えたら、今回の工事で取り外す設備を解体。ユニットバスは浴槽や水栓などパーツを外していきます。

  • 続いて、壁や床なども外して「お風呂」という空間を全て解体。

  • キッチンは残す部分もあるので、シンクやコンロなど部分を外して上部の棚などは残し、ガスや水道の管を安全に管理します。

  • 壁や床などは新しいものに変えますが、土間や収納はそのままなので、しっかり養生。

  • 腰壁やフローリングを外していきます。

  • 洋室もフローリングを外し、リビングダイニングとつなげるため壁を抜きます。今まで光が入らなかった部屋に光が入ります。

  • リビングダイニングも綺麗にフローリングを外していきます。

  • そのまま使う扉は、搬入などでキズが付いたり割れたりしないように養生、注意して工事を進めます。

下地工事

  • 洋室・リビングダイニングのフローリングをすべて外したら、壁があったところの床に下地を設置してフラットにしていきます。

  • 小上がりを設置していくところに下地を設置。

  • テレビを設置する壁にも下地を設置。

  • 寝室の壁にも出入口を閉じる壁と造作壁の下地を設置。

  • 下がり天井の下地もこの時点で作って行きます。

  • フローリングを貼る前に、ダイニングには床暖房も設置

  • 新しくフローリングを設置。

  • 小上がりにもフローリングを設置して、しっかり固定していきます。

造作・内装工事

  • 寝室には、クローゼットだったところにワークスペースも造作するのでその下地も並行して作っていきます。

  • 有孔ボードも設置し、元は仏壇スペースは造作棚のスペースへと姿を変えていきます。

  • リビングダイニングでは、クロスを貼る前に大きな窓を覆うブラインドを設置するカーテンボックスを設置。

  • 板を組み木に打ち付けて設置。この時にテレビを設置するためのコードなどを予め出しておきます。

  • タイルやフロートタイプのTVボードを設置。だんだん雰囲気が出てきました。

  • 続いて、クロスを貼るための下地の隙間を埋めるなどの調整作業。

  • 廊下にもプラスターボードを設置して、新しいクロスを貼る準備を進めます

  • リビングダイニングも、大判の石目調クロスを貼り進めていきます。

  • 寝室のワークスペースにもクロスや棚、ロールスクリーンを設置。ほぼ完成に近づいてきています

  • キッチンなどの新しい設備機器も入り、作業も大詰め

  • お風呂は設置後、水漏れや不具合がないかをしっかり規定に基づいてチェック

  • キッチンや廊下も設置後に問題がないかチェック

  • ライトをつけると、もう完成間近。不備がないかを入念にチェックして、お引き渡しです。

LDKとつながった、
小上がりのあるベッドスペース

LDKからすぐにアクセスできるように扉の位置を変えた寝室は、部屋の中に一段上に作られた「小上がり」で、緩やかに区切られた空間をご提案!
お部屋の幅いっぱい使える小上がりだから、ベッドのサイズなどに左右されることなく、広々と使えるスペースになりました。
斜めの垂れ壁や間接照明が作るやわらかい光で、上品かつ特別な空間を演出し、より上質な睡眠をサポートするベッドスペースの工事の様子をレポート!

  • リフォーム前は、ブラウンと白でナチュラルな空間。仏壇スペースとクローゼットのシンプルなお部屋。

  • まずはフローリングを外していきます。

  • リビングダイニングと接する壁を抜いて、一つの空間にします。

  • 壁があった位置に、下地を追加し床をフラットにします。

  • 扉が来るので、開け閉めが問題なくできる様にしっかり確認。

  • 続いて、小上がりの下地を組んでいきます。よく腰を掛ける位置には縦方向にも下地を設置して強度を上げます。

  • 下地の上にフローリングを貼る為の板を貼り、小上がりの形が見えてきました。

  • ベッドヘッドの造作を進めるのと同時に、元の入り口を塞いでいきます。壁をつくる下地と、造作部分の基礎となる枠を設置。

  • フローリングを貼り、しっかり固定できるまでに板が浮くことがないように、四方をしっかり万力を使っておさえます。

  • フローリングが固定されたら養生をし、壁の造作に移ります。

  • プラスターボードという壁のベースを張り付け、壁の形を作っていきます。この時に、ベッドヘッドのアクセントタイルを設置します。

  • プラスターボードにクロスを貼る前に、ボードの間などの隙間をパテで埋めていき、接地面を滑らかにしていきます。

  • まずは上下のクロス、次にアクセントタイルを設置した壁のクロスを貼っていきます。

  • ベッドヘッドに間接照明も設置。

  • 養生を外し、照明を灯して問題がないことを確認して、完成。

タイトルとURLをコピーしました