スタッフブログ

【戸建リノベーション】下地工事

こんにちは、リフォームのスペースアップです。

今回はお部屋の位置や形を大きく決める、下地工事を中心のレポートします。

前回の補強工事のレポートの中にも少し出ていましたが、
壁や床の下地を貼るための骨組みを設置していきます。
骨組みの間に断熱材を隙間なく設置して、床がヒヤッとしないようにします。

その上にフローリングの下地となる板などを設置していきます。

天井や壁も同じように、空間の骨組みとなる部分を設置していきます。
天井や壁の中に隠れてしまう、電気やガス、水道などの管や線もこの時点で、配置していきます。

天井・壁にも断熱材をしっかり敷き詰めます。

断熱や配線などの工程も終わったら、壁や天井にプラスターボードを設置していきます。
空間が分かれて、お部屋の形が良くわかる段階になります。

次回は、内装工事を中心にレポートします!

一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました