リフォーム施工事例

曲げた動線で、安心と収納力を手に入れた玄関

おうちの奥にあるキッチンが丸見えなのが、お悩みだった玄関。直線だった動線からクランク型にすることで、外からの視線を気にせずに安心して暮らせるようになりました。一部をLDKに取り込んだ廊下は、コンパクトになっても、白い天井や壁で視覚的に閉塞感を軽減。また、玄関からの光を反射し、明るい空間になりました。

キッチンへつながる直線の動線上に、新たに収納を置いてクランク型にした廊下は、プライバシーと収納を両立。廊下奥の収納を中心に、廊下→洗面→LDKをぐるりと一周できる間取りへ。洗面を動線の一部とした回遊動線は、部屋間の移動を減らし、家事や帰ってきてからの手洗いうがいもスムーズに。

土間に設けた大型の収納も、カウンターを備えたものから天井まで伸びる大きな収納へ。以前は収納上部の吊戸や天井と収納の隙間など使いきれていなかったスペースも、余すことなく活用。壁や天井と合わせた白の扉で、大容量を叶えながらも空間に圧迫感を与えません。

施工情報

建築タイプ戸建

施工地大阪府

築年数18年

素材や特徴

事例一覧に戻る

トップへ戻る