リフォーム豆知識

【連載コラム#2】ネオ家事ラクの作業効率アップに「パントリー」が大活躍

こんにちは、スペースアップです。

リフォームする時、「家事の負担を減らしたい」と考える方は多いでしょう。今、従来の家事ラクの進化系ともいえる「ネオ家事ラク」が注目を集めています。

従来の家事ラク

  • 対面キッチン
  • 隠す収納
  • 水廻りは一箇所に集約

ネオ家事ラク

  • スライド式キッチン&ダイニング
  • 隠しつつ使う側からは見える収納
  • 家事ごとに動線を最適化

今回は前回に引き続き、「ネオ家事ラク」を取り入れた間取りを紹介していきます。リフォームで「家事が楽なお家」にしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

今回メインでご紹介するのは、パントリーです。

パントリーとは、「食品庫」と言われる収納スペースのことです。保存食品や調味料、日用品のストックなどを置いておくのに便利です。キッチンのウォークインクローゼットとも呼べるでしょう。

大容量のパントリーがあり、どこに何があるかを一目で確認できるので、家事のしやすさが格段にアップします。

こちらのお家では、キッチンのかたわらに大容量のパントリーを設けました。扉がないので出入りしやすく、三角の垂れ壁がインテリアのアクセントにもなっています。

水色のドアの向こうは、洗面所とバスルーム、玄関です。洗面所を通り抜けてそのままリビングに戻れるよう、家事の楽な回遊式動線を採用しました。

「家事の負担を軽減したい」と考えている方は、お気軽にスペースアップにご相談ください。お客様の夢をかたちにするリフォームをご提案します。

タイトルとURLをコピーしました