リフォームコラム

【連載コラム#3】ゆったりした土間スペースでネオ家事ラクを実現

こんにちは、スペースアップです。

リフォームする時、「家事の負担を減らしたい」と考える方は多いでしょう。今、従来の家事ラクの進化系ともいえる「ネオ家事ラク」が注目を集めています。

従来の家事ラク

  • 対面キッチン
  • 隠す収納
  • 水廻りは一箇所に集約

ネオ家事ラク

  • スライド式キッチン&ダイニング
  • 隠しつつ、使う側からは見える収納
  • 家事ごとに動線を最適化

今回は前回に引き続き、「ネオ家事ラク」を取り入れた間取りを紹介していきます。リフォームで「家事が楽なお家」にしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらのお家では、玄関横に広々とした土間スペースを設けました。お子様のベビーカーやご主人の自転車を置いても、たっぷり余裕があります。

土間スペースにベビーカーや自転車を収納すれば、雨にぬれたり、盗難に遭ったりする心配がありません。

外に面した窓と室内窓を設けることで、採光を確保し、開放感のある空間にしました。壁には、汚れ防止の黒目地のかわいいタイルを施しています。

もともと、日本の伝統的な家屋には、土間スペースが設けられていました。現在では、ご家族の用途に合わせて、土間収納や土間リビングを設けることが多いです。使い道の自由な土間スペースがお家の中にあると、ちょっとした特別感があります。

ベビーカーや自転車置き場としてはもちろん、分別ゴミの仮置き場としても活用できます。収集日までのゴミの保管場所は悩ましいもの。夏になるとにおいも気になります。しかし、土間スペースがあれば、ゴミ置き場に困ることがありません。

「家事の負担を軽減したい」と考えている方は、お気軽にスペースアップにご相談ください。お客様の夢をかたちにするリフォームをご提案します。

トップへ戻る