リフォームコラム

【お役立ちコラム】断熱?防犯?窓ガラスの種類を徹底解説

こんにちは、スペースアップです。

急激な温度変化は、身体に悪影響を与えるといわれています。ヒートショックによる死亡は、交通事故より多いというデータも。夏涼しく冬暖かい家にすることは、心筋梗塞や脳卒中のリスクを低下させることにつながります。

今回は、家の中を快適に保つうえで重要な役割を果たす窓について解説します。最近では、さまざまな種類の窓ガラスがあるため、リフォームを検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

1.Low-E複層ガラス

現在最も人気のある窓ガラスです。2枚のガラスの間に空気を挟み込むことに加え、特殊なLow-E金属膜がコーティングされているため、外の暖気・寒気の影響を受けません。高い省エネ効果があり、結露しにくいという特徴から、多くの住宅で採用されています。

Low-E複層ガラスには、遮熱タイプと断熱タイプがあります。遮熱とは日射熱が部屋に侵入するのを防ぐことで、断熱とは屋内外の空気が通り抜けるのを防ぐことです。

特に強い日差しを防ぎたいなら遮熱タイプが適しており、夏涼しく冬暖かくしたいなら断熱タイプが適しています。

<遮熱タイプ>

<断熱タイプ>

2.複層ガラス

Low-E複層ガラスより以前からある窓ガラスです。板ガラス2枚で空気を挟み込むため、省エネ効果があり、結露を防ぐことができます。

この他にも、割れにくく高い防犯性を発揮する防災安全複層ガラスや、窓の表情を豊かにしてくれるデザイン性に優れた格子入複層ガラスなど、さまざまな種類があります。ブラインドが窓ガラスの中に入り込んだタイプのブラインド入複層ガラスもあります。

どのような窓を選ぶべきかは、目的によって変わってきます。西日が強く当たる部屋なら、遮熱タイプのLow-E複層ガラスが適しているかもしれません。一方、通りに面した部屋では、防災安全複層ガラスを選ぶのもいいでしょう。

スペースアップでは、お客様のお悩みごとに、最適な窓ガラスまでご提案いたします。リフォームをされる予定の方は、窓ガラスについてもあわせてご検討ください。

トップへ戻る