リフォームコラム

知らなきゃ損する!?リノベーション費用を予算内に抑えるコツ

リノベーションする方の多くが「なるべくコストは安く、ステキなお部屋にしたい!」と思っているはず。理想をあきらめることなく費用を予算内に抑えるには、どのような工夫をすればいいのでしょうか。今回はリノベーション費用を予算内に抑えるコツを具体的にご紹介します。

リノベーション費用を予算内に抑えるコツ➀間取りの簡素化

リノベーション費用を安くする1つ目のコツは「なるべく既存の間取りを活かす」ということ。高額になりやすい工事内容を把握してプランを考えましょう。

間仕切り壁撤去

間仕切り壁を撤去する箇所が多くなればなるほど、解体の手間と産廃処理のコストがかかります。壁を取り壊して、マンションであれば1階まで運び、トラックに載せて処分しなければなりません。

間仕切り壁追加

また新しくつくる壁が多いほど、材料費や工事費がかさみます。壁を立てるのはもちろん、壁紙を張ったり、ドアを取り付けたりする費用もかかります。

水回りの移動

特にコストがかさみやすいのが、水回りを大きく移動させる工事。給排水管や電気配線もあわせて動かせば、そのぶん費用が高くなりやすいです。なるべく既存の給排水管を利用できるようなプランにすると、コストを最小限に抑えられるでしょう。

階段の移動

戸建て住宅のリノベーションで、階段を移動する場合も費用が高くなりがち。階段まわりの構造や内装にも手を入れなければなりません。リノベーション費用を抑えたいなら、なるべく階段の位置はそのままで間取り変更できないか考えてみましょう。

リノベーション費用を予算内に抑えるコツ②素材変更

手軽にリノベーション費用を下げられるのが、内装などの素材を安いものに変更する方法です。見積りの段階で業者に相談してみると、代替の素材や仕上げ方法を提案してもらえるかもしれません。

無垢フローリング→複合フローリング

床材として人気の無垢フローリング。木をそのまま切り出した素材なので、木材ならではの手触りや香りを楽しめます。しかし価格はどうしても高めになります。

もし「無垢フローリングにしたい!」という希望の優先順位が低ければ、複合フローリングに変更することでリノベーション費用を下げることができます。
複合フローリングにはさまざまなデザインのバリエーションがあって、なかには本物と間違うほど精度の高い商品もありますよ。

珪藻土の塗り壁→珪藻土クロス

壁材で費用が高くなりやすいのが、珪藻土や漆喰などの塗り壁。左官職人さんが手作業で壁に塗っていくので、どうしてもコストがかさみます。

珪藻土を壁紙として仕立てた「珪藻土クロス」などに変更すると、コストを抑えながら珪藻土のテクスチャーを叶えられます。ただし珪藻土部分が薄いぶん、塗り壁ほどの調湿性能は期待できません。

タイル→タイル柄クロス

お部屋のアクセントの1つとして、タイルを壁に貼りたいという方もいらっしゃるでしょう。小さなタイルを1つ1つ貼り付けていく作業になるので、やはりコストは高めになります。

タイル風の壁紙に変更すると、コストダウンしながら、見た目はタイルのような雰囲気を楽しめます。さまざまなデザインの壁紙が出ているので、好みの商品があるか調べてみてくださいね。

リノベーション費用を予算内に抑えるコツ③グレード変更

キッチンや浴室、トイレなどの住宅設備は、高価な商品です。無駄なオプションはついていないか、グレードは高すぎないか……と見直すことで、大きく費用を下げられる可能性があります。

システムキッチンをグレードダウン

システムキッチンは、ハイグレードかスタンダードかで大きく値段が変わります。
同じ種類のキッチンでも、食洗器の有無・ワークトップの素材・収納の形状・水栓の機能などによって値段が変わるので、不要な機能はないか見直してみましょう。

たとえば背面収納を造作にしたり、レンジフードをグレードダウンさせたり、細かい部分も見直すことで金額が大きく変わることもあります。
さまざまな値段を下げる方法があるので、ぜひアドバイスをもらってくださいね。

リノベーションの優先順位を考えよう

「少しでもリノベーション費用を下げたい!」とプランを変更しても、希望のリノベーションが叶わなければ本末転倒です。
満足度を上げつつ、費用を下げるには、リノベーションの優先順位をはっきりさせることが大切です。

たとえばキッチンの古さが気になっているのか、それともダイニングとの動線が悪くて困っているのか……今の悩みを明確にすれば、おのずと優先順位もはっきりしてきます。
優先順位に合わせてコストにメリハリをつければ、予算内で理想のお部屋が叶うでしょう。

「リノベーション費用を下げられる?」と気になっている方は、ぜひスペースアップにご相談ください。リノベーション費用を予算内に抑えることができる可能性があるかどうか、アドバイスさせていただきます。

トップへ戻る