リフォームコラム

暑さ対策のキモは「窓」!?光と風をコントロールする窓リフォーム

「毎年夏は家が暑いんだよね。冷房もイマイチ効かないし」といったお悩みをもたれている方は多いものです。建て替えのような大がかりなリフォームを考える前に、手軽にできる窓リフォームで対策してみませんか。光と風の動きを知ってリフォームすれば、高額な費用をかけなくても効果がでやすいですよ。

太陽光の動きに合わせた暑さ対策を

太陽は時間や季節によって高さや方角が変わります。それを知ったうえで窓リフォームの内容を決めることが大切です。

南側の窓

南側は季節によって太陽高度が変化します。夏は太陽が高いため、庇などで直射日光が入らない工夫を。冬は太陽が低いので、庇に遮られずに部屋の奥まで光を採り込めます。

東側の窓

太陽は東からのぼるので、家の東面からは午前中にたっぷりと光が差し込みます。とくに夏場は、早い時間から明るくなるでしょう。

西側の窓

暑さを感じやすいのが夕方以降の西日です。太陽は西に沈むので、家の西面の窓にはお昼過ぎから光が入ってきます。夕方の西日は高度が低く、南側の直射日光とちがって庇などで遮ることができません。

北側の窓

基本的に北面の窓から直射日光は入ってきません。1日をとおして光量が少ないので、もし明るくするなら天窓などが効果的です。

窓からの風も暑さ対策には欠かせない

出典/LIXIL

最近の住宅ではシックハウス対策のため24時間換気が義務化されており、最低でも2時間に1回以上お部屋の空気が入れ替わるしくみになっています。「24時間換気されるなら、窓からの風通しは考えなくてもいいんじゃない?」と思われがちですが、それはちょっと心配です。

窓を開けて、気持ちのいい風を感じる。家づくりにおいて風通しの良さというのは、換気という意味合いだけでなく、暑さ対策や心地良さにつながるのです。

もちろん冬のすき間風や、春一番の突風などは不快です。しかし夏の夕方、窓を開けて、お部屋のなかを涼しい風が通りぬけると気持ちがいいものです。

光・風をコントロールする窓リフォーム

では暑さ対策としての窓リフォームの方法を3つご紹介します。同じ暑さでも「南側の直射日光が暑い」というのと「西日が暑い」「風通しが悪くて暑い」というのとでは対策方法が変わってくるので気を付けましょう。

リフォーム➀日よけのシェード・オーニングを設置する

南側の窓からの直射日光を遮るには、外壁に日よけのシェード・オーニングなどをつけるリフォームが効果的。夏の高い位置から入る日差しはカットしつつ、冬の低い光はお部屋に取り込めます。リフォームで窓の上にボックスを固定するだけなので、工事も半日~1日と手軽です。

オーニングはウッドデッキやお庭で遊ぶときの日よけにもなるので、ペットやお子さんのいらっしゃるご家庭にもおすすめのリフォームです。おしゃれなデザインの日よけをつければ、お庭やデッキがお気に入りの場所になるはずです。

リフォーム②雨戸やシャッターを採風タイプに交換する

出典/LIXIL

防犯や強風対策として窓を守る雨戸。しかし昔ながらの雨戸を閉めると、風が通らずお部屋のなかがムワッと暑くなってしまいますよね。通風ルーバー付きの雨戸やシャッターにリフォームすれば、雨戸を閉めていても風を通すことができます。

リフォーム③窓やガラスを交換する

窓全体やガラスを交換するだけでも、日差しをカットしたり風通しをよくしたりできます。

出典/LIXIL

「窓を開けていても、風が通らない」という場合は、風をとりこみやすい形状の窓に交換するのがおすすめ。お部屋の1面にしか窓がとれなくても、たてすべりだし窓を左右に設けたウィンドキャッチ窓なら、風の入口・出口になって気持ちいい風が通ります。

出典/LIXIL

「窓からジワジワと熱が伝わる」「冬は窓の近くがヒヤッと寒い」といった場合は、窓交換がおすすめ。断熱性能の高い樹脂や半樹脂のサッシ、空気層を含む複層ガラスに変更すると、屋外との熱のやりとりを抑えられます。既存の窓枠に新しい窓枠をかぶせるカバー工法なら、壁を壊さず半日~1日ほどで、さまざまなサイズの窓をリフォームできます。

出典/LIXIL

庇で遮りにくい西日にも、ガラス交換がおすすめ。西日の暑さには、太陽の日射や熱の流入を防ぐ「遮熱タイプ」のLow-E複層ガラスが最適です。今の窓枠を活かして、ガラスだけ交換することもできます。

詳しくはこちらの記事も参考にされてください。
【関連記事】窓の暑さ対策リフォーム!サッシ・ガラスの種類と選び方

まとめ

スペースアップではご予算に合わせて、さまざまなリフォーム内容をご提案させていただきます。「夏場のリビングが暑い」「西の部屋がムシムシする」「でも費用はあまりかけたくない」などお悩みをお聞かせください。

トップへ戻る