水まわり

【バス部門】リフォームアドバイザーおすすめメーカーランキング!特徴や理由を解説【前編】

こんにちは、スペースアップです。

キッチンやトイレなど水廻りのリフォームを考える時、どのメーカーを選ぶかは悩みどころですよね。そこでスペースアップでは、全18店舗のリフォームアドバイザーを対象に、キッチン・洗面・トイレ・バスの4部門について、「おすすめメーカーアンケート」を実施しました。

今回と次回は「バス部門」について、ランキングや円グラフを用いながら解説していきます。水廻り設備のリフォームをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

バス部門

1位:サザナWG(TOTO)
2位:シンラ(TOTO)

TOTO「サザナWG」の特徴は?
リフォームアドバイザーのおすすめ理由を紹介

バス部門で圧倒的1位に輝いたのは、TOTOの「サザナWG」です。サザナWGは、人間工学を応用し、やさしく身体を包み込む浴槽を開発しました。浴槽につかると、圧力が分散され、自然とリラックスした姿勢になります。

また、暖房・涼風・換気・衣類乾燥といった機能があり、ボタン1つで季節を問わず快適に過ごせます。さらに、床表面に特殊処理が施されており、ブラシでこするだけでスムーズに汚れが落ちます。乾きやすい素材なので、カビにくいのもうれしい点です。

続いて、リフォームアドバイザーのおすすめ理由を順番に紹介していきます。

床素材が心地いい

「床の感触が畳のようで足が痛くならない」
「膝をついてお子様の髪を洗ってあげる時や、誤って転倒してしまった時も、床がやわらかくてあたたかいので安心」
「浴室特有の嫌な足触りがない、他社にはない気持ちのいい床」

掃除がしやすい

「乾燥しやすい素材のほっカラリ床は、掃除がしやすい」
「壁パネルの目地がないため、掃除がしやすい」

使いやすい

「カウンターが広くて使い勝手がいい」
「大きなサイズのお風呂なので快適」

「バス部門」の前編では、1位に輝いたTOTOの「サザナWG」をご紹介しました。続いての後編では、2位以降の「シンラ」「リフォムス」「アライズ」のおすすめ理由を紹介します。後編も引き続きご覧ください。

※アンケートは2020年1月に実施しました。

タイトルとURLをコピーしました