リフォーム豆知識

自宅の換気リフォームでコロナに備える

コロナウイルス流行で感染予防対策として重視されている「換気」。
ひんぱんに窓を開けるのが面倒、また冷暖房のロスが気になるという方は、「換気リフォーム」を検討されてはいかがでしょうか。

工事内容も簡単で、工期も短くすむため、他の内装リフォームなどをされるついでにプラスしていただけます。
今回は換気リフォームの具体的な方法や工事内容、費用などについてご紹介します。

空気の流れをつくる窓リフォーム

効果的な換気には、空気の流れをつくることが大切です。
1カ所だけ窓を開けるよりも、複数の窓をあけて「空気の入口と出口」をつくることで、効率的に部屋の空気を動かすことができます。

FIX窓を開閉式に交換

FIX窓とは、開け閉めすることのできない、はめごろしの窓のこと。
採光はとれますが、空気を入れ替えることはできません。

工事内容

既存の窓枠に「上げ下げ窓」や「たてすべりだし窓」などの開閉式の窓をかぶせて取り付け。
工事は約半日とスピーディーに完了します。

FIX窓

上げ下げ窓

たてすべりだし窓

風を取り込みやすい窓に交換

シンプルな引き違い窓は、横から吹く風を取り入れにくいもの。
FIX窓の両サイドに窓のついたウインドキャッチタイプに変更すれば、1枚の窓で空気の入口と出口をつくれます。

工事内容

こちらも既存の窓枠にかぶせる形で取り付け可能。
半日ほどで工事が完了します。

ウインドキャッチ窓

玄関を採風ドアにリフォーム

窓を開けると防犯面がちょっと心配・・・と感じられる方におすすめなのが、玄関を採風ドアにリフォームすること。扉を開かず、施錠したまま自然の風を取り入れることができるので安心です。

風の通り道ができるので、玄関にこもりがちな臭いや湿気、熱気などを外に出すことも可能。風だけでなく光も取り込むことができ、明るく使い勝手の良い玄関になります。

工事内容

既存のドア枠の上から、新しいドア枠を取り付けます。最短1日あれば完了するリフォームです。
定期的な外壁塗装といっしょに交換していただくと、きれいな外壁になじんで外観をリフレッシュできます。

24時間換気システムでさらに快適に!

効率良く換気するには、「風を入れる窓」と「出ていく窓」が必要です。
しかし新築と違ってリフォームでは、構造やマンションの管理規約の問題により、窓の位置を変えるのは難しいケースが多いのが現状です。

そこで役に立つのが、機械で自動的に換気を行う「24時間換気システム」の導入です。
2003年7月以降は設置が義務化されていますが、それ以前の建物だと導入されていないケースも多いので、リフォームでつけてみるのはいかがでしょうか。

24時間換気システムのしくみ

排気ファンで汚れた空気を排出、給気ファンできれいな空気を入れるシステムです。窓を開閉しなくても、機械の力で24時間にわたって家中が新鮮な空気に入れ替えられます。

リフォームの方法と費用

リフォームの方法はさまざまですが、換気扇と空気清浄機の良いところ取りをしたのが「ハイブリット換気システム」。フィルターを通すことで外気の汚れの侵入を防ぎ、室内の汚れた空気は外に排出します。LIXILの「エアマイスター」という商品は、エアコンのような壁掛け式で後付けできます。

外に面した壁に換気口などの穴があいていれば取り付け可能。マンションで新しい穴を開けるのは難しいですが、戸建住宅なら工事で穴あけできる場合もあります。

工事期間も短く、最短1日でリフォームすることができるのでおすすめです。
費用は、トイレなど小型のもので1万円程度、リビングやキッチン、浴室など大きなものだと15〜25万程度が相場です。

まとめ

快適な生活だけでなく、感染症予防対策としても重要な換気。
短い期間で手軽にリフォームできることもあり、家族の健康を守るためにも換気リフォームはおすすめです。

スペースアップにはプランナーがいるのでお客様に合わせたカスタマイズが可能。どういった工事が最適か、実際にお家を見て判断させていただけますので、リフォームご検討の際にはぜひご相談ください。

一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました