リフォームコラム

【洗面部門】リフォームアドバイザーおすすめメーカーランキング!特徴や理由を解説【前編】

こんにちは、スペースアップです。

キッチンやトイレなどの水廻りのリフォームを考える時、どのメーカーを選ぶかは悩みどころですよね。そこでスペースアップでは、全18店舗のリフォームアドバイザーを対象に、キッチン・洗面・トイレ・バスの4部門について、「おすすめのメーカーアンケート」を実施しました。

今回と次回は「洗面部門」について、ランキングや円グラフを用いながら解説していきます。水廻り設備のリフォームをご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。

洗面部門

1位:MV(LIXIL)
2位:Cライン(パナソニック)
3位:エスタ(LIXIL)

LIXIL「MV」の特徴は?

リフォームアドバイザーのおすすめ理由を紹介

1位に輝いたのは、LIXILの「MV」です。MVの魅力は、「掃除のしやすさ」と「収納力」です。壁付け水栓なので、水栓の周りに水たまりができません。また、三面鏡の裏側はすべて収納になっており、棚も可動式なので入れるものに合わせてピッタリ収納できます。

続いて、リフォームアドバイザーのおすすめの理由を順番に紹介していきます。

掃除のしやすさ

「水栓が鏡の下についているため、掃除がしやすい」
「立ち上がり水栓に比べ、水栓周りに汚れがたまらない」
「ボウルは、陶器より細かな成形が可能な、人工大理石でできている。そのため、すき間・溝がなく、お掃除が楽ちん」

サイズ

「奥行500mmという寸法は、マンションや狭小スペースに最適な寸法」
「サイズが多数あり、お部屋に合わせやすい」

高級感

「普通グレードながら高級感がある」
「周りの小物やクロスとも合わせやすい」

「洗面部門」の前編では、1位に輝いたLIXILの「MV」を中心にご紹介しました。続いての後編では、2位以降の「Cライン」「エスタ」等のおすすめ理由を紹介します。後編も引き続きご覧ください。

※アンケートは2020年1月に実施しました。

トップへ戻る