リフォームコラム

和室とは?基本的な構成要素や和モダンな和室へのリフォーム事例を紹介

座ったり寝転んだりとリラックスしてすごせる和室。でも昔ながらの和室はちょっと古いかも……そう思っている人もいらっしゃるかもしれません。しかし最近では現代の暮らしにあうようなモダンな和室も増えてきて、逆におしゃれだと人気を集めていますよ。

今回は和室の歴史やメリットデメリットを解説し、和モダンにリフォームした事例も紹介します。和モダンにしたいけれど、仕上がりがどうなるのか気になるという方はぜひご覧ください。

和室とは?

和室は伝統的な日本家屋のつくり。主に畳が敷き詰められた空間で、靴やスリッパを履かずにすごせます。障子や襖でゆるやかに仕切られており、光や風をほどよくとりいれた開放感も一つの特徴。お部屋の用途に合わせて間仕切りを開閉してフレキシブルに使うこともできます。団らんだけではなく、接待や寝室、書斎、子どもの遊び場など幅広い使い方ができるのも和室の魅力です。

和室の基礎知識(和室の基本的な構成要素)

伝統的な和室を構成するいくつかの要素を紹介します。

床の間

和室の顔ともいわれる「床の間」。和室の入り口から一番遠い上座の、床を一段高くしたスペースのことです。壁には掛け軸を、違い棚や床面には置物や花などがよく飾られています。床の間、違い棚、書院(付け書院)の3セットで構成するのが本来の床の間の形。しかし、違い棚と書院を省略する和室もあります。

長押(なげし)

長押は、和室の壁面を囲む化粧部材です。もともと柱同士を水平につないで固定するための構造材でした。長押の奥行きを活かして写真を立てる場面もあります。

敷居(しきい)・鴨居(かもい)

敷居と鴨居は、障子や襖をはめ込むための溝付き横木です。いわゆる扉を開閉するレーンと同じ役割があります。上部が鴨居、下部が敷居になります。敷居と鴨居はセットで、障子や襖を開閉するためには不可欠な横木です。

床板・床框

床の間の床面に張る板や畳のことを床板といいます。畳の高さより一段高くする場合に用いられる仕上げ材が床框です。

欄間(らんま)

欄間とは、透けている板や装飾が施された板のことです。和室同士や隣接している洋室側の長押や鴨居の上に設置します。欄間は風通しや採光のために設ける以外にも、空間をゆるやかに仕切りたい場合にも効果的です。

小壁(こかべ)

鴨居や長押などの上にある狭い壁のことを小壁といいます。

和室の歴史と建築様式

長い歴史をもつ和室ですが、時代によって少しずつ様式が異なっています。主に「寝殿造り・書院造り・数寄屋造り」の3種類に大別され、それぞれ次のような特徴をもっています。

寝殿造り

寝殿造りは、平安時代に京都で誕生した、貴族階級の人たちが住む屋敷の様式。自然との調和を重視した、上品で織細な建築物です。家主の寝室が中心に置かれており、娯楽を送る公家の屋敷として存在していました。

なんと畳はほとんどなく、基本的に板張りが施され、畳は必要なときに単体で敷かれていたそう。間仕切りもほとんどなく、屏風や几帳で区切られていました。寝殿造りの代表建築は、世界遺産にも登録されている「中尊寺金色堂」です。

書院造り

書院造は、室町時代に誕生した簡素な武家屋敷の様式です。書院は書斎を意味します。寝殿造りまでは円柱が中心でしたが、書院造りからは角柱を用いるようになりました。

そのほかにも、書院造りでは障子や襖などの間仕切りが発達。畳が敷き詰められたのも書院造りからで、現代の和室の原型ともなっています。書院造が用いられている建造物は、二条城や銀閣寺などです。

数寄屋造り

安土桃山時代に誕生したのが数寄屋造りです。江戸時代以降、千利休が確立したシンプルな茶室に工夫を取り入れ、質素ながらも洗礼された自由な和室を生み出しました。

壁、畳、障子、襖に趣のある職人技が施されたのも数寄屋造りからです。伏見稲荷大社御茶屋や修学院離宮では、当時の職人が施したデザインが見られます。

和室のスタイル

和室のスタイルは主に「真・行・草」に分けられます。

・真:格式のある書院造りの和室。儀式や接待など公の場として使われていたスタイル。
・行:書院造りと茶室の間。
・草:書院造りに千利休が工夫を施した数寄屋造り。自由度が高い。

この3種類に明確な境目があるわけではありませんが、真が最も本格的な和室で、真→行→草の順番でどんどんラフになっていくイメージです。現代の和室は自由度の高い「草」のスタイルや、ほどよく落ち着きのある「行」が多いのではないでしょうか。

また、あえて和室の床を上げて段差をつくる手法もあります。段差部分を大容量の収納スペースにしたり腰かけ代わりにしたりなど活用方法はさまざま。ほかにも、木目柄の扉やアクセントクロスを導入するなど、和洋折衷な空間に仕上げるスタイルも増えています。

和室のメリット・デメリット

和室がくつろぎやすいと感じるのは、隠された機能性のよさが関係しているのです。もちろんデメリットもあるので、うまく付き合っていく必要があります。まずは和室のメリットデメリットをあらためて知り、和室を残すか洋室にするかを検討しましょう。

和室のメリットは?

リラックス効果や空気清浄機能がある

畳に使われている「い草」にはリラックス効果や睡眠効率をアップさせる効果があります。一息つきたいときにぴったりの空間です。また二酸化炭素やホルムアルデヒドを吸収して、空気をきれいにしてくれるともいわれています。

調湿効果がある

和室に使われる畳や土壁には調湿効果があります。調湿効果とは、湿度が高くなると湿気を吸収して乾燥すると放出する仕組みのこと。おかげで夏場は涼しく冬場は暖かい空間になるのが和室のメリットです。

使い方が多岐に渡る

和室は寝室やくつろぐために使う人も多いですが、子どもの遊び場にもなりますよ。畳はクッション性があるので、頭をぶつけたときの衝撃が和らぐメリットがあります。フローリングで遊ばせるよりも、足音が響かないためマンションの場合は特におすすめ。

またアイロンがけや洗濯物を畳む、仕事をするなど座って作業がしたい場合にも使える空間です。布団を余分に用意しておけば、急な来客にも備えられて和室を客間として扱うことも可能にします。

和室のデメリットは?

メンテナンスが手間

和室に使われている畳や砂壁は、メンテナンスに手間がかかります。畳は水分が含まれると、カビやダニが発生しやすい状態に。和室で飲食する場合は畳を汚さないように注意しましょう。

砂壁だと経年劣化で表面が剥がれてきて、畳の上に砂が散らばって掃除の手間がかかります。襖や障子なども汚れやすく傷つきやすいため、ペットや子どもがいる家庭では定期的なメンテナンスが必要になるでしょう。

収納しづらい

押入れは奥行があるため、布団や大きめの収納ボックスが入ります。しかし掃除機など立て掛けて収納するのには向いていません。横に倒すか解体して収納すれば入りますが、手間がかかります。押し入れは引き出しになっていないので、手前の荷物を動かさないと奥の荷物が取り出せないのもデメリットです。

家具の選定が難しい

畳が傷つきにくい家具を配置するのが望ましいですが、なかなか畳に向いているおしゃれな家具を見つけるのは難しいです。また柱が出ている和室だと、柱を避けて家具を配置する必要があります。図面の寸法通りに購入するのではなく、実際に和室内を測ってから購入に進むのが得策です。

昔ながらの和室をおしゃれに和モダンに変える方法

伝統的な和室もいいですが、和モダンな空間に憧れを抱く人もいるでしょう。大掛かりなリフォームをしなくても、ちょっと手を加えるだけでモダンな印象に近づきますよ。ここでは和モダンに変えるテクニックを紹介します。

方法1:畳の色やデザインを変える

一般的な畳は長方形で縁がついていますよね。最近人気を集めているのは、正方形の縁なし琉球畳です。カラーバリエーションも豊富で、緑系以外にもグレー、ブラウン、黒、紺色、水色、ピンク系などが揃っています。和モダンにするなら、グレー系やブラウン系の色が扱いやすくて馴染みすいですよ。

畳の縁がないことで、和室が広く見えます。狭い和室には特におすすめです。さらに配置方法によっても、モダンに近づけることが可能に。2色の畳を市松模様に並べたり、あえて暗めの単色を敷き詰めると和モダンな雰囲気になりますよ。和室の象徴でもある畳から、まずは変えてみてはいかがでしょうか。

方法2:おしゃれな襖や障子を使う

襖や障子を使ってモダンに近づけるなら、和を表す金色、朱色、ねずみ色、墨色などが取り入れられているものに変えましょう。ちょっと派手かなと思える、華やかで艶やかな色やデザインを選ぶのがポイントです。襖は柄があるほうが和モダンに近づきます。壁は白やアイボリーの漆喰やクロスにしておけば、派手に見えることはありません。この方法は、外してはめるだけで雰囲気を変えられるので、床や壁の張り替えよりも手軽にできますよ。

ほかにも、障子に色和紙を貼るテクニックもあります。斜めや市松模様、下部だけなどマスごとに色を変えることが可能。障子を透け感のあるプリーツスクリーンに変えるのも人気でです。個性溢れる素敵な襖や障子を取り入れましょう。

方法3:壁紙の色や柄をアクセントに

床の間の壁や天井にアクセントクロスを持ってくると空間が締まります。あえて目立つ色や柄の壁紙を選んでください。和モダンカラーである金色や紺色などが入っているクロスもいいですね。暗めの単色や木目調の壁紙も、和モダンにさせるアクセントです。平凡な和室には、一際目立つクロスを取り入れたほうが華やかな印象にしてくれます。

壁紙選びでは色や柄だけではなく、手で触れて楽しめるように素材にも気を配るのがポイント。ほかにも、視覚的な感性を刺激するなら立体感のある壁紙や、重めの色をアクセントクロスに選びましょう。特に和紙製や織物調のクロスは和室との相性がいいですよ。現状の壁が砂壁や漆喰でも、壁紙への変更は可能です。塗り替えのタイミングにでも、おしゃれな壁紙に変えてみてはいかがでしょうか。

和室をフローリングの洋室に変える際の費用例

和室の床をフローリングに張り替える際の費用は、6〜8畳あたり9〜35万円ほどが相場です。費用は使用するフローリングのグレードや下地施工の範囲、断熱材の有無によって変動します。

下地施工は、隣接する部屋の段差にあわせるために行う工事。畳の下に断熱材が入っていない場合は、断熱工事もするとよいでしょう。畳だと床面がひんやりしにくいですが、フローリングに変更すると底冷えしやすくなります。

和室にリフォームする際の費用事例

和室では壁、畳、襖、障子を新しくするリフォームがほとんど。畳には表替え、裏返し、新調する3パターンのリフォーム方法があります。1枚あたり表替えは6千〜2万6千円、裏返しは3〜4千円、新調する場合は8千円〜3万3千円が相場です。

一方、襖は1枚あたり4千〜1万5千円、障子は2〜8千円になります。それぞれ使用する素材によっても費用は変わりますが、畳、襖、障子はまとめてリフォームしたほうが割安です。

和室の壁リフォームでは、塗り替えか張り替えかを決めましょう。砂壁の塗り直しは6畳あたり6〜8万、漆喰や珪藻土は7〜13万円かかります。現状が塗り壁でも下地処理を行えば壁紙への施工が可能に。壁紙に張り替える場合は、6畳あたり10〜15万円ほどかかります。

スペースアップの和室のリフォーム事例

スペースアップでは、和室にモダン要素を加えたおしゃれな空間づくりを手掛けております。従来の和室の心地よさは残しつつ、新たな要素を加えたおしゃれな和室へ。モダンな和室に生まれ変わった事例を5つ紹介します。

事例1

■築年数:20年
■建築タイプ:戸建

一風変わった八角形の空間。パッと見、和室とは思えないほど現代的なデザインが施されています。八角形の変形ラインを活かして真ん中に畳を、角に板間を設けてモダンな和室に仕上げました。馴染みのある和室とは違った印象がおすすめしたいポイント。襖や障子ではなく引き扉やプリーツスクリーンを導入しました。プリーツスクリーンにしたことで、より多くの光が空間に取り入れられるように。2色が組み合わせたアクセント壁も素敵です。

事例2

■築年数:30年
■建築タイプ:戸建

掘りごたつを導入して、家族がくつろげるようにした和室です。増築した板間の天井を下げて、木目のクロスをアクセントに。天井にはお部屋全体をやわらかく照らす間接照明を設置しました。床の間の小壁に丸みをつけたのもポイント。1箇所だけでも丸みのあるデザインが施されていると、空間がやわらかい印象になりますよね。また坪庭に面した障子は、上下2段に分かれたタイプに。日差しが強いときは上部を閉めておき、景色を存分に楽しみたいときはすべて開けることもできます。

事例3

■築年数:30年
■建築タイプ:戸建

黒の縁なし半畳畳を取り入れて、和モダンにリフォームした事例です。天井のトーンも畳に合わせたダーク色に。和室全体はシックな印象ですが、障子を開けると庭の緑が差し色になります。窓は断熱性の高い複層ガラスなので、冬場でも障子を開けて自然を堪能できます。壁の一部が凹んでいる造作ニッチもポイント。花や置物などを飾ると和室のアクセントとなり、より上品な空間になるでしょう。

事例4

■築年数:30年
■建築タイプ:戸建

「料理中も子どもの様子が見たい」という奥様のご要望で、キッチンの隣を和室に。リビングの反対側は、ご主人様の書斎とつながっています。お仕事に疲れたときは和室に移動して休憩できる間取りです。お家がアメリカンヴィンテージ風ということで、和室にもモダンな要素を加えて他の部屋と調和させました。天井クロスには深い色を、扉には木のぬくもりを感じられる木目調の扉を取り入れています。

事例5

■築年数:40年
■建築タイプ:戸建

白とグレーの半畳畳を交互に配置して、従来の和室とは違ったおしゃれな和モダンに生まれ変わりました。おすすめポイントは床の間のデザイン。織物調のアクセントクロスが上品さを醸し出しています。生け花を飾ると、上から間接照明に照らされて、より優雅な印象になりますよ。障子の代わりに透け感が心地いい、薄いピンクと白のプリーツスクリーンを設置。障子とはまた違ったやわらかい光を和室に取り入れてくれます。

和室に合うインテリアは?

和室に合うインテリアといえば、重厚感のある和ダンスや座椅子などを想像される方が多いのではないでしょうか。しかし最近ではいかにも和風なインテリア以外に、和になじむおしゃれなインテリアがたくさん出てきています。できれば畳が長持ちするように、軽い家具や傷がつきづらい形状になっている家具を取り入れましょう。おすすめの家具やメーカーも紹介するので、ぜひご覧ください。

国内メーカーの木製家具

天童木工、マルニ木工、飛騨産業、カリモク家具など、日本製の木製家具は和室との相性が抜群。座卓やキャビネット、座椅子などお気に入りの家具を見つけてみましょう。和室の居心地の良さに木のぬくもりをプラスすることで、よりくつろぎやすい空間に変わります。

木製家具を選ぶ際には、和室の柱や板間、床板などの色調にあわせるのがポイントです。木の色味を統一させておくと、アクセントクロスやファブリックで遊び心をプラスしても浮くことがありません。

北欧の家具や照明

日本製以外で和室に意外と合うのが、最近人気の北欧インテリア。派手すぎず優しい雰囲気の家具や照明が多く、畳や障子の雰囲気にもよく合います。フリッツ・ハンセンやカール・ハンセン&サンといった有名ブランドのほか、リーズナブルなIKEAも手軽でおすすめです。

冬の長い北欧では、おうち時間を心地よくすごせるよう照明にもこだわりが。ルイスポールセンなど有名な照明ブランドも多く、和室にも合う照明がたくさんあるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

日本の伝統家屋である和室。時代を経て、現在ではモダンな和室が人気を集めています。2色の畳を市松模様に並べたり床の間にアクセントクロスを張ったりするだけで、ぐんと雰囲気は変わりますよ。趣は残したまま、おしゃれな和モダンにしてみるのはいかがでしょうか。

スペースアップでは、数々の和室を手掛けています。モダンに限らず、お客様のご要望やお家の雰囲気に調和するような和室スタイルを提案するので、お気軽にご相談ください。

記事の監修者

リフォームプランナー

鈴木淑子

二級建築士 / インテリアコーディネーター

お客様の要望に応えるべく、プロの目線と女性の目線を掛け合わせて、様々なプランをご提案。ご要望を反映した図面や完成予想図を見ながら細かく話し合い重ね、理想を超える住まいをデザイン。間取りや動線、インテリアデザインまで、幅広く理想の暮らしを叶えるためのポイントを、わかりやすくお伝えします。

お客様の要望に応えるべく、プロの目線と女性の目線を掛け合わせて、様々なプランをご提案。ご要望を反映した図面や完成予想図を見ながら細かく話し合い重ね、理想を超える住まいをデザイン。間取りや動線、インテリアデザインまで、幅広く理想の暮らしを叶えるためのポイントを、わかりやすくお伝えします。

一覧に戻る

トップへ戻る