リフォームコラム

窓の暑さ対策リフォーム!サッシ・ガラスの種類と選び方

参考/LIXIL

もうすぐ暑い夏がやってきます。特に最近はおうち時間も長くなっているので、快適な環境を整えたいものです。
毎夏、外から帰ってくるとうだるように暑い、エアコンをつけてもイマイチ冷えが悪い、冷房代が高すぎる…そんな方は暑さ対策を含めた窓リフォームを検討されてはいかがでしょうか。
今回は窓のサッシやガラスの種類、そして暑さ対策に効果的な窓選びについてお伝えします。

窓のサッシの種類

窓というのは、「窓ガラス」とそのまわりの枠である「サッシ」から成り立っています。新築やリフォーム時の窓選びでは、ガラスだけでなくサッシの種類も選ばなければなりません。サッシの種類によって、断熱性能も大きく変わってきます。

アルミ

参考/LIXIL

昔から日本の住宅でよく使われてきたのが、アルミ製のサッシ。価格が安く、軽くて強度もあるのですが、断熱性能が低いのがネックです。外の暑さや寒さを伝えやすく、結露もしやすいので、冬は毎日窓まわりがビッショリ濡れている…なんてことも。

樹脂

参考/LIXIL

アルミの1/1000という熱伝導率の低さで、高い断熱性能をもつのが樹脂製のサッシ。夏の窓辺の暑さをやわらげてくれます。結露も生じにくいので、寒い地域でもよく選ばれているサッシです。

半樹脂

参考/LIXIL

樹脂サッシは断熱性は高いものの、アルミに比べて価格が高めに。そこでアルミの弱点を補いつつ費用を抑えられるのが、アルミ+樹脂の複合サッシです。屋外側は低コストのアルミ、室内側は熱を伝えにくい樹脂が使われています。

窓ガラスの種類【一般ガラス】

窓ガラスの部分は、「一般ガラス」と「機能ガラス」の大きく2つに分けられます。まずはコストが安い一般ガラスから見ていきましょう。

単板ガラス(フロート板ガラス)

参考/LIXIL

一般的に使われているのが、表面が平らで透明な「単板ガラス(フロート板ガラス)」。特別な機能はありませんが、採光や眺めの良さは抜群です。

フロストガラス

参考/LIXIL

道路や隣家からの視線が気になるときには、「フロストガラス」や「型板ガラス」などがおすすめ。透明なガラスの表面を削ってザラザラにした「すり板ガラス」を、化学処理でなめらかに仕上げたものが「フロストガラス」です。表面はサラサラとしていて、汚れもつきにくいのが特徴です。

型板ガラス

参考/LIXIL

透明なガラスの表面に凸凹の模様をつけたものが「型板ガラス」。フロストガラスより値段が安めで、色んなデザインがあります。光を取り入れながらシルエットはぼやけて見えるので、トイレや浴室など外から覗かれたくない場所におすすめです。

網入りガラス

参考/LIXIL

防火設備として使われるのが、ガラスの中に金網がはいった「網入りガラス」です。火災時に熱でガラスが割れても飛び散りにくく、延焼を防ぐ目的で使われます。強度は普通のガラスと同じなので割れにくいわけではありません。

窓ガラスの種類【機能ガラス】

最近の住宅では、断熱機能や割れにくい機能をもったガラスがよく使われています。

複層ガラス

参考/LIXIL

2枚のガラスの間に空気の層をつくって、断熱性能を高めたガラスです。冬の寒さや夏の暑さ、結露などの対策として、新築住宅では標準装備となっていることも多くなっています。

Low-E複層ガラス(エコガラス)

参考/LIXIL

複層ガラスの一種で、特殊な金属膜「Low-E膜」を施したものです。通常の複層ガラスよりも断熱性が高くなります。

強化ガラス

参考/LIXIL

一般的なガラスの3〜5倍の強度をもたせたガラスです。先ほどご紹介した網入り板ガラスは飛散防止のみですが、強化ガラスは熱や衝撃を受けても割れにくいようになっています。また万が一割れてしまった場合も、ケガをしにくいよう粉々の状態になります。

窓リフォームで夏の暑さ対策をしよう!

住まいの暑さや寒さの大きな原因は窓にあります。いくら壁の中に断熱材をたっぷり詰め込んでも、窓ガラスやサッシに何も対策をしていなければ、暑さや寒さはどんどん家の中に入ってきます。

参考/LIXIL

最近の夏は特に暑いので、熱中症のリスクも気になるところ。熱中症の発症場所の約4割は住宅内といわれているので、高齢の方やお子さんの健康を守るためにも、室温が上がりにくい環境をつくりたいものです。

特に築年数の古い住宅では、窓が断熱の弱点になっていることが多いので、ぜひリフォームで対策しましょう。

最も手軽なリフォームは、一般ガラスをエコガラス(Low-Eガラス)に変えるリフォーム。夏の日差しの暑さを防いで、冬も結露しにくくなります。紫外線をカットする商品もあるので、日焼けや家具の色褪せが気になる方にもおすすめです。

参考/LIXIL

【エコガラスへのリフォームはこんな方におすすめ】

  • 西日、夏の日差しが暑い
  • 窓の結露、カビがひどい
  • 冬に窓の近くが冷やっとしている
  • 紫外線による日焼けや家具の色褪せが気になる

スペースアップでは、暑さや寒さへの対策も含めた窓リフォームを実施しています。ご予算やデザイン、採光や眺望などご希望を伺ったうえで、最適なリフォーム内容をご提案させていただきますので、ぜひご相談ください。今年の夏は、窓リフォームで涼しく快適にすごしませんか?

新型コロナウイルスが流行するなかで、感染予防対策としての換気リフォームも注目を集めています。ご家族の健康を守るためにも、窓リフォームの際には空気の流れについても考えてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】自宅の換気リフォームでコロナに備える

トップへ戻る