リフォームコラム

【連載コラム#4】廊下をギャラリースペースに?片づけが楽しくなるアイデア

こんにちは、スペースアップです。

リフォームする時、「家事の負担を減らしたい」と考える方は多いでしょう。今、従来の家事ラクの進化系ともいえる「ネオ家事ラク」が注目を集めています。

従来の家事ラク

  • 対面キッチン
  • 隠す収納
  • 水廻りは一箇所に集約

ネオ家事ラク

  • スライド式キッチン&ダイニング
  • 隠しつつ使う側からは見える収納
  • 家事ごとに動線を最適化

今回は前回に引き続き、「ネオ家事ラク」を取り入れた間取りを紹介していきます。リフォームで「家事が楽なお家」にしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

今回紹介するお家では、廊下を収納スペースとしてダイナミックに活用しています。

玄関を入った先は、収納力たっぷりの飾り棚。お気に入りの本や小物、花瓶や思い出の品々を、思い思いにディスプレイできます。

手が届きにくい位置には素敵なデザインの照明をつけました。リビングへと続く扉を開放すれば、窓からの自然光が廊下まで届きます。

廊下を収納スペースとして有効活用すれば、収納が一箇所に集約されるため、家中をあちこち動き回る必要がありません。家事動線を短くすることで、毎日の家事を時短で終えることができます。

「家事の負担を軽減したい」と考えている方は、お気軽にスペースアップにご相談ください。お客様の夢をかたちにするリフォームをご提案します。