リフォームコラム

【洗面部門】リフォームアドバイザーおすすめメーカーランキング!特徴や理由を解説【後編】

こんにちは、スペースアップです。

キッチンやトイレなど水廻りのリフォームを考える時、どのメーカーを選ぶかは悩みどころですよね。そこでスペースアップでは、全18店舗のリフォームアドバイザーを対象に、キッチン・洗面・トイレ・バスの4部門について、「おすすめメーカーアンケート」を実施しました。

「洗面部門」の後編では、2位以降を獲得したおすすめメーカーとリフォームアドバイザーのおすすめ理由を紹介していきます。1位のLIXILの「MV」については、前編(
【洗面部門】リフォームアドバイザーおすすめメーカーランキング!特徴や理由を解説【前編】 )で詳しく解説しているので、そちらをご覧ください。

■洗面部門
1位:MV(LIXIL)
2位:Cライン(パナソニック)
3位:エスタ(LIXIL)

■パナソニック「Cライン」の特徴は?リフォームアドバイザーのおすすめ理由を紹介

2位に輝いたパナソニックの「Cライン」の魅力は、デザインのバリエーションが豊富なことです。多彩なプランの中から、お家のインテリアにマッチしたデザインを選べます。

足もとがスッキリした「フロートプラン」だと、洗練された雰囲気の洗面所に。スタイリッシュな見た目に加え、お掃除も楽ちんです。

リネン類やストック品がたっぷり入る「キャビネットプラン」なら、家族の人数が多くても安心。また、薄型スリムタイプや横幅コンパクトタイプもあるため、間取りに合わせてピッタリの洗面所を選べます。

見せる収納でお気に入りのアイテムを飾れる「オープン棚プラン」も人気です。自由なカラーコーディネーションで、自分好みの洗面所に仕上げましょう。

リフォームアドバイザーのおすすめ理由は、下記の通りです。

「バリエーションが豊富で、選ぶ楽しさがある」
「フロートプランで、カワイイ洗面空間を演出できる」
「デザイン性に優れている」

■その他のメーカーの特徴は?リフォームアドバイザーのおすすめ理由を紹介

LIXILの「エスタ」
「2階洗面に最適」
「ボウルの形状やサイズがコンパクトで、廊下や玄関にもなじむ」

TOTOの「Vシリーズ」
「高性能を備えていながら、コストパフォーマンスがいい」
「すべり台ボウル形状なので、お手入れがしやすい」

TOTOの「エスクア」
「スタイリッシュな天板がかっこいい」
「フラットな形状でお手入れが楽」

前編・後編にわけて「洗面部門」のおすすめメーカーを、リフォームアドバイザーのおすすめ理由とともにご紹介しました。今後も、アンケート結果をもとにみなさまに有益な情報をお届けしてまいります。

※アンケートは2020年1月に実施しました。

トップへ戻る